今市屋台まつり

2009年10月19日

【今市屋台まつり】彫刻の素晴らしさに圧巻!

DSC_0192















(上画像は住吉町の皆さんの記念写真にちゃっかりお邪魔して撮影させて頂きました!)

10/18(日)、秋晴れの日、5年ぶりにお目見えする

今市屋台まつりに行ってきました

とにかく、

彫刻が素晴らしい

ほんと、お見事です。

道沿いをゆっくり練り歩くので、目の前で見ることが出来ます。

私が会場の大通りに着いたのは祭り開始30分前で、

準備をしていた「住吉町」の方にいろいろとお話を聞くことが出来ました。

「住吉町」の彫刻屋台は江戸時代に作られたもので

彫工が「石塚吉昭」と書かれてある。

屋台の周りにはぐるりと十二支が彫られている。

ほかに竜(羽のついた竜もあり)やキジ、リス、植物が彫られてある。

一番力を入れてお話して下さったのは


透かし彫りという技巧。

1本の材木から彫り上げて作る。

DSC_0188





















後付けしないとこれはできないんじゃないか?って思ってしまうほど

丁寧に彫られた細かい彫刻が浮き上がっているのには、ほんと感動!

どうやったら、あのような彫刻が出来るのか、ジーっと見入ってしまった。

後ろの緞帳(どんちょう)も凝っていて、

昭和初期の頃からかかっていたと思う。とのお話。

又、お囃子をやってしまうと担ぎ手がいなくなるので

他の地域からお囃子をお願いした とのお話も。

でも、いろいろな方の協力が文化を知る機会になり

地域の活性化にもつながるのだなぁ っと思ったりもした。

次に話を聞かせて下さったのは、「相生町」。


こちらの屋台は明治初期に作られたものだそう。

確かに、材質の痛みも少ない。保存も大変だろうな っと。

梅の木や鶏、葡萄の彫刻が綺麗で「危ないよ」と言われてしまうんじゃないかという位い、

見とれて動けなかった。


DSC_0202


今回、六台の彫刻屋台と2台の花屋台が参加。

屋台が止まって休む時に、担いでいる方や、年配の方に質問すると

丁寧にいろいんなことを教えて頂けて、よくわかり楽しい。

計画だと毎年今市屋台まつりを開催すると聞いている。

是非、是非、続けて欲しい!

そして、いろいろな方に見て頂きたい!


人間の力。昔の方の器用さ。日本人の技の素晴らしさ。

全てを集約した作品で

見て良かったぁ

見なきゃ、人生損するところだった て思えるほど感動


あ〜夜も行きたかった・・・。きっとすっごく美しかっただろうなぁ。


下画像は「花屋台」
DSC_0230












Profile

ハルB

真剣に美白。
ゆったり気分♪
お気に入りサイト!
かわいいガラス食器♪
ねこ好きさん集まれ♪
飲みやすい明日葉入り青汁
美味しいお取り寄せ
貴方もチャレンジ!
すっごくお得!
安心サーバー
ネットショッピングなら
ルイボスティー
楽天でお買い物♪
本を買うなら
カメラを買うなら
簡単!便利♪