十三夜

2007年10月24日

十三夜 わらでっぽう

 昨日は十三夜でした

十三夜には地域のよって

「わらでっぽう」

といって、その夜に、各家を小学生たちが回り、
わらで作った棒で、唄を歌いながら、地面をたたく
そして、最後にごほうびにと、お小遣いやお菓子を頂く
という豊作を願う昔ながらの風習が行われます。

地域によっては歌詞が違ったり、男の子だけしか回れない という所もあります。

では、私の地域で歌われている歌詞をご紹介しますね


「大麦あたれ 小麦あたれ 三角 四角のそばあたれ

 でっぽ でっぽ わらでっぽう もうひとつおまけに わらでっぽう」
 
「あ〜 懐かしい」 「私が歌った歌詞と違うよ」 
な〜んて思われた方いますかぁ?


「あたれ」→あたり年 という意味らしいです。
なので、小麦もそばもあたり年で、豊作になれ!

わらでっぽうで地面をたたきつけるのは、
土のなかにいる「悪い虫」を追い払う
という意味合いらしいです。


少子化で年々回ってくる子供の数も減ってしまって、とても寂しいですが、昔ながらの伝統がいつまでも続くことを願っています。



ランキングエントリー中!



Profile

ハルB

真剣に美白。
ゆったり気分♪
お気に入りサイト!
かわいいガラス食器♪
ねこ好きさん集まれ♪
飲みやすい明日葉入り青汁
美味しいお取り寄せ
貴方もチャレンジ!
すっごくお得!
安心サーバー
ネットショッピングなら
ルイボスティー
楽天でお買い物♪
本を買うなら
カメラを買うなら
簡単!便利♪