コラム

2014年01月05日

明けましておめでとうございます


今日は5日。

年末に帰省した子供たちが東京に戻る日。

たんまりお年玉を親族一同から頂き、

(そのうちの半分は「使わないぞ!貯金」に入金し、一部をユニセフに寄付。
これは毎年のお年玉の使い方)

地元の友人や後輩とたっぷり遊び、

美味しいご飯とたらふく食べ、

楽しかった11日間はあっという間に終わったちゃったね。

家の中も久しぶりに子供たちの声で賑やかになり、

学校や部活、就活の話もゆっくり聞け、

無事に、それぞれ頑張って生活している様子がわかり安心した。

さぁ、張り切って頑張りましょう!

新年に心に決めた目標に向けて。

母も、くじけず、誠実に、凛として、毎日を過ごします。

今年も家族みんな健康で、平和に過ごせますように。

世の中、平和になりますように。







2013年09月15日

結婚式に出席して思う事・・・

昨日は組内の結婚式におよばれ

若い新郎新婦のなんて眩しいこと。

純粋で、幸せと希望が溢れて、ほんとに美しいなぁ〜

どうぞ、末永くお幸せにね


さて、

教会で式を挙げられたのですが

毎回心深く反省しながら神父様のお言葉を聞いております・・。

「互いにおもいやり・・・。」

「助け合いながら・・・。」


そうなんだよね。

そうそう。

この頃は 

多少のことでは動じなくなり、

心臓に毛が生え始め、

面の皮も随分厚くなり、

すっかりたくましくなった自分。

心の贅肉も厚くなってきてしまったなぁ。

「夫に優しくしてますか〜」と自問自答。

あ〜ん

神父様のお言葉が痛いほど心に突き刺さります。

反省。

ついつい、自分のことばかり考えてしまいがちです。

お・も・い・や・り

ですね。



2013年08月14日

熊本・大分・福岡3県へ行ってきました!M難う!玖珠町の皆さん

旅行2日目は、

試合会場で再会した飯田さんご夫妻と一緒に、大分国体の思い出いっぱいの

玖珠町へ!

まず、公民館へ案内して頂く。

ここは2008年の大分国体で子供たちが朝夕食を頂いた場所です。

壁には当時の様子が残っています。

今高男子部員の名前が書かれた毛筆の札や、横断幕、みんなで撮った記念写真。

ここにずら〜っと並んで、みんなでワイワイ言いながら食事をしたんだなぁ〜。

町の皆さんの作ってくれた食事は心がこもっていて、さぞかし美味しかったろうなぁ。

と、想像できるくらい、当時の面影があります。

子供たちは、食事が終わると、各民泊先のおうちへ戻ります。

田舎の細い道。

きっと、ギャーギャーいいながらこの道を歩いていたんだろうな・・・。とこれも勝手に想像してしまいます。

至る所で子供たちの声がして、この期間普段は静かな村もとても賑やかだったんだろうな。と。

公民館の後、飯田さん宅へ案内されました。

息子が「一人で寝るには広すぎるよ〜」とメールが来たのを思い出しました。

何だか2008年に、私タイムスリップしたみたい

民泊期間中、大事にして頂いて、いっぱい声を掛けてもらって、健康を気遣ってもらって・・・。

飯田さん宅でそんな事を思い巡らしていると、

自分が小さい時に父母の実家にお盆に帰った時のことを思い出しました。

懐かしい。そうそう、懐かしい感覚です。

だから、きっと子供たちも、知らない土地で不慣れな思いもせず、

親戚のおうちに来たような、へたすれば自宅に帰ってきたような感覚だったのではなかったのかなぁ。

本当に有り難い気持ちでいっぱいです。

改めて御礼を申し上げます。

子供たちが健康でしっかり試合に臨めたことに心から感謝します。


 さて、

居間に通され、私がリクエストしておいた「唐揚げ」がテーブルにドーンと!キャーっ!ウレピ

大分から揚げがブームになり、家一軒新築した唐揚げやさんもあるそうです。

侮るな!恐るべしからあげくん

大分では自宅で揚げずに、店に行って「1キロ揚げて!」とか注文するそうです。

あと、先日送って頂いたお魚の乾物とたけのこのの煮物を頂きました。

大分の家庭料理だそうです。美味しかったぁ

 お昼ごはんに豊後牛も頂き、身も心もシアワセ〜

その足で「日本一の大つり橋」を渡りました。

子供たちも渡っている橋です。

景色が抜群紅葉の季節はとても綺麗だそうです。

下を見るにはつかまらないとちょっと怖いなぁ・・・。

でも、この山間に橋を掛けて観光名所にしようと考えた人ってすごいなぁ。

山に登り、毎日腕を組み、「橋が出来たらあんなこと!こんなこと!」っていろんなことを思い巡らせていたんだろうな。

人間、想像力が豊かで、柔軟性が必要なのね。そしてあきらめない強い気持ちと行動力が大切だ!


橋を後にして、飯田さんご夫妻とのお別れも段々と近づいて来て。

車中で、何か話さなくちゃと思いながら声にしようと思うが、

別れが悲しくて涙が出てきてしまう

「親戚みたいなもんけん!」とお昼ごはんを食べながら言ってくれたのも嬉しくて。

あ〜ダメだ。

さよならを言いたくないよん。泣いちゃダメだよん。

でも、泣かせてね。ちょっとだけ。

たくさんのやさしさの嬉し涙とさよならしたくない涙。


今度はお江戸にツアー組んで来てくれるといいな

団体様、お待ちしております。

飯田さん、有難うございました。

そして、衛藤美江さん、お会い出来て嬉しかったです。

一緒にインハイを応援できるなんて思ってもみなかった

いっぱいお話できて楽しかったなぁ

国体の民泊先を決めるのに、

衛藤さんのお父様がくじ引きで「栃木男子」を引かなければ、みなさんと巡り会うことがなかった・・。

ありがたいご縁です。

もう、大分最高

ほんとに有難うございました。


















熊本・大分・福岡3県へ行ってきました!▲ぅ鵐拭璽魯い搬臺湯布院

女子1


今年のインターハイのホッケーは大分県の3会場で開催でした。

子供は今年3月に卒業していないのですが、

かわいい後輩ちゃんたちの応援を楽しみに会場へ足を運びました。

試合会場で民泊でお世話になった飯田さんご夫妻とお孫さんと待ち合わせ!

その前にメールとFBと電話でしか会話したことがない衛藤さんに初対面!

想像していた通りとてもチャーミングで気さくな方♪

今高の応援を一緒にして下さいました!

飯田さんと会場で再会を喜び、さぁ!気合を入れて応援です。

対戦相手の伊万里は地元九州代表なのに、しっかり今高の応援をして頂いて恐縮です・・。

応援
今市工業さんの応援も昨年に続き、パワフルで、上手くて、ノリノリで!もう最高!!

本当にありがたいです。

翌日の準決勝まで応援できました。

最初は保護者でもないのに、大分まで応援に行っていいのかな??と

ちょっと引き気味の自分でしたが、

間違いなく、行って良かった!

旅行をこの日に当てて、ホントに良かった!

後輩ちゃんたちは、最高の試合を観せてくれました。

勇気やあきらめない気持ち、奥底から湧き出でるチカラ。

たくさんの光を観せてくれて、そして私たちに与えてくれました。

本当に有難う。そして準優勝おめでとうございました!

保護者のみなさんもおめでとうございした。&お疲れ様でした。
準決勝1


準決勝2


準決勝3



さて、宿です。

 湯布院へは2回目の宿泊ですが、

今回は湯布院三大旅館のひとつ、玉の湯さんに宿泊しました。

買ってきた大分のガイドブックを見て、お父ちゃんが「ここだな!」の一言で決まり、

翌日にはしっかり予約を入れていました。

あんまりいい宿だったので、知り合いに勧めたら、10月の予約はすでにいっぱいとのこと。

夏休みなのに、よく取れましたね〜!っと驚かれてしまった。

とにかく、素敵な宿で、何が一番気に入ったかと言うと、「ひのき風呂」です。

大浴場もありますが、部屋風呂が広くて、ひのき風呂も手足を伸ばしても十分すぎるくらいの大きさと

掛け流しで、贅沢だなぁ〜。ほんと贅沢です。

お部屋は、一棟づつ離れになっていて、庭で一休みできるスペースも有ります。

外を眺めるには最高の廊下(テラス)には椅子が置かれ、ギャラリーからCDを借りて聞くことも出来ます。

私は、もっぱら一人でそこの椅子に座り、FBや本を楽しんでいました。

お父ちゃんは持参した分厚い本をずーっと座椅子に座り読み続け、完読!

観光とか行かないの?と思われるでしょう。

でも、気に入った宿で、自分の好きなことを、ゆっくり味う方が贅沢な旅行なんだなぁと実感。

まぁ、買い物好きな私は一人で湯布院の街中をふらふら歩き楽しめたし、

お互い行動はバラバラでも、満足満足です。

食事も一部メニューが選べ、苦手な食材を伝えると全ての食事からはずしてくれます。

どの料理も丁寧で、盛り付けも美しく、美味しい。

料理や器の説明を聞くのも楽しかったなぁ。

大分の安心院(あじむ)ワインも美味しかった♪

なかなか、全てに満足できる宿はないと思いますが、ここの玉の湯さんは

何度でも宿泊したいくらい大満足な宿です。
玉の湯1





2013年08月13日

熊本・大分・福岡3県へ行ってきました!〃本〜やまなみハイウエイ

あ〜、旅行から帰ってきて1週間が経つのね・・・。

ホントに楽しくて充実した旅行でした

くまもん、インターハイの応援、大分の皆さん、福岡、柳川・・・。

もう幸せ

お楽しみがギューギューの詰め合わせ旅行でした。

う〜ん

こんな素敵な旅行をプレゼントしてくれたおとうちゃんに感謝ありがとう〜


本当ならば、昨年今市高校ホッケー部男子の保護者のみなさんと大分旅行を企画していましたが

昨年の夏、大分、阿蘇地区の豪雨で旅行目前で中止に

今年は3班に分かれて出発

1班は6月に則姉ご夫妻
2班は7月に1つ上の先輩お母さん方と同期のお母さん方+お子さん
3班は8月に私たち夫婦。

この旅行の大きな目的は

2008年の大分国体で当時高校生だった子供たちが、宿舎の代りに民間の一軒家に宿泊をする「民泊」

でお世話になった大分県玖珠町の皆さんとの再会です!

何年も経っているのに、未だに交流が途切れず親子共々本当に有り難いです。

その話はでたっぷりと記載したいと思います。

さて、旅行1日目は熊本空港に早朝に到着。

降ったりやんだり、晴れたりの怪しい天気。

とりあえず則姉おすすめの「熊本城」へ

広い敷地のお堀に囲まれて、立派なお城が街中にドーンと建っています。

街中は車種豊富な路面電車が行き来していて、

「これが宇都宮で計画しているLRT?・・・。」宇都宮の道路幅にこれを走らせるのは至難の業?

でも、路面電車の往来も激しいけど、バスも結構走っています。

九州は電車事業も充実している(九州新幹線とか)し、熊本人は乗り物好き??なんて勝手に想像。

熊本城へは、ビルとビルの間からそっそっと信号を曲がって入ります。

暑かったけど、頑張ってお城の頂上まで登りました。絶景

クレーン車も、トラックもない時代に、こんな高いお城を立て、立派なお堀も作っているなんて!

タダタダ感動!でもこのお城が完成するまでに犠牲者は何人いたんだろう。

見学者にはとにかく韓国人が多い!それも家族連れ。大分、福岡にはあまりいなかった気がするが、

熊本は韓国からの観光客を受け入れる何かがあるのかな?

それともくまモン効果?!

ほんと、街中くまモンだらけ〜!どんだけ〜

くまモンは熊本県の宣伝になるなら、国内企業の商標使用は原則無料だし、個人の非営利使用なら

許可不必要!

なんて心広いんでしょうね

くまモン


そのおかげで熊本県の宣伝効果バッチリだし、儲け主義的なギスギス感がない。

観光地として成功しているものを見るのは面白いし勉強になるよね。

大好きなくまモンを後にして、大分県へ移動!

有名な「やまなみハイウェイ」を走りました

小雨でよく知る草原の景色とはまた違って、緑が落ち着いていてこれもいいじゃない。と話しながら、

お昼ごはんの場所を探すけど、なかなか見つからない。

ランチ漂流は車中を険悪のムードにしてしまいそう

大分に入りしばらくした所に一軒のうどんやさんを見つけ、迷わず入ってみました。

やはりその土地の物を頂きたいので「地鶏とゴボ天うどんとたかな飯」を注文。

普通ゴボ天と言えば、細切りのかき揚げだが、斜め輪切りを一枚づつパラパラと揚げてある!

なんか不思議な天ぷらです。

やまなみハイウェイ


地鶏の出汁は甘口に仕上げてあり、高菜のまぜご飯も甘め。

疲れていたから、甘じょぱい味は体にしみる〜!

おなかも満たされ、さぁ2泊する宿湯布院へ出発









2012年12月29日

今年もあと少し。

 
慌しく、年末を迎えています。

久々の書き込みですみません・・・。

8月に義母の急な入院から先週の退院まで、長かったなぁ。

その間に、娘の国体(祝準優勝!)や受験やら、

なんか最後までバタバタといろんなことがありました。

やっと年賀状も出し、大掃除もほぼ終わり!

残すは水周り、換気扇、の掃除と、黒豆作り。

まぁ、母以外は健康で過ごせたので、忙しいなりにどうにかすごせました。


娘が通知表を持ってきたとき、

「自分にも、通知表があったならば、どんな評価がされるだろうか?」と

思いました。

ちょっと多忙も収まりつつあるので、自己採点をしてみようかと思っています。

紙に書き出してみて、反省、努力が足りなかった点、

結構がんばったじゃん!とか、あともうひと頑張りでしたね・・・。とか。


先日、仕事先で知り合ったひとつ上の女性とのメールで感動した言葉があります。

「私に出来ないことはない!の精神で頑張りま〜す!」

自分の年齢や生活を理由にして、これは無理、出来ない。と歯止めを掛けていることに「ハッ!」と

気づかされる一言でした。

頑張って出来たことへの達成感を忘れていました。


来年はどんな一年になるのかな?

「出来ないことはない!」の精神で過ごしてみようっと。


家族が元気に過ごせますように。

震災復興がどんどん進みますように。

戦争がなくなりますように。

みんなが優しく生きていけますように。

2012年、お疲れ様でした。

2013年も宜しくお願いします。




2012年04月17日

春ですね〜♪雅楽を優雅に聴きました


 すっかり春めいて、今週末は今市方面も桜が満開になるころかと。

 週末の天気が気になります。

 さて、4/15(日)は日光市大桑町にあります法蔵寺にて雅楽の発表会がありました。

 満開にはならなかったけど、桜の下で、奏でられた雅楽。

 ほんの一瞬タイムスリップしたような・・・。

 雅楽と聞くと、敷居が高いと思われる方も多いと思いますが、

 結婚式に奏でられるあの曲は「越天楽」(えてんらく)という曲目です。

 あ〜、あの曲ねっと思い出される方も多いのでは?

 私も随分前に1年間だけ、雅楽の竜笛(横笛)を法蔵寺さまで習わせて頂きましたが、

 ひざを叩く不思議なリズム取りで、指揮者もいない。竜笛の美しい音色が出せない・・・。

 最初は戸惑いましたが、あのゆったりとした世界は「みやび」という言葉がピッタリだと

 思いました。

 演奏を聴きながら、「贅沢だぁ〜」なんて思ったひと時でした
 

2012年01月19日

明日は明日の風が吹く!


ついてない。

今日はHPの転送が出来なくなり、

問い合わせで時間がかかり

ちっとも仕事がはかどらない

その上、夕方になったら、

プロファイルが削除されました

と、簡単で冷酷なメッセージが

さら〜っと、画面上に。

私が何をしたと言うの!

反省すべき事は?

あれやこれややっても、飛んで消えてしまったものは、
帰ってこないのか?

いや、

明日になったら解決の糸口が見つかるはずだ。

寝よう。

明日は明日の風が吹くはずだから。





2011年12月13日

スマホにしてから

スマホデビューして、早三週間。

やっとこさ、使えるようになってきた。

最初の二日間は「綺麗な画面だわ〜 」

と眺めているだけで、ちーっとも


使い方がわからん。

スマホと一緒に、オプティマスPADも購入したが、

PADまで進まず.....先週辺りからやっとつかいはじめている。

仕事上、フェイスブックも始めることになったり

私の生活の一部がものすごい早さで、
世の中の流れに巻き込まれて行くようなきがして。

ちょっと追い付くのに大変だったけど、

三週間経って、色々わかってきて、

便利な部分もあったり、

最初は戸惑いを感じていたフェイスブックも

使いようによっては

面白いと思うようになってきた。

今日は、この文章をPADで打ってみた。

インターネットがこんなに身近で使いやすくなると

ネット社会が

何かの形で崩壊したときに、一体どうなってしまうのだろう。

と不安になりながらも、

新しい世界を楽しみはじめている。


2011年11月17日

大好きな料理本

8e19ae9f.jpg
年間購読している

「おかずクッキング」12、1月号が届いた

冬野菜とおせちの特集

土井善晴先生の料理は

シンプルながら、丁寧で、
奧が深〜くて

料理に添えてある文章もなかなかいいことが書いてある。

とにかく、トニカク、

美味しそう

この本は土井先生の料理が沢山掲載されてるし、

写真も綺麗

「お料理再発見」のマンガはかなりリアルで面白い。

季節の野菜がいろんな
味付けで紹介してあるのもいい

「土が自然に冷える冬に生まれる、根っこの野菜。寒さのなかで凍らないよう、水分に糖分が多く含んでいる為、いっそう甘みを感じます。…」

なるほどねぇ〜

これからの時期、

大根美味しいもんね

実際は、この本に掲載されている料理の1割も作ったことがないけど、

疲れているときや

寝る前、

な〜んにもしたくないとき

パラパラ、写真を見たり、
なるほどと感心しながら文章を読んだり…。

私の心の休憩所みたいな存在かなぁ。

大好きな料理本です




Profile

ハルB

真剣に美白。
ゆったり気分♪
お気に入りサイト!
かわいいガラス食器♪
ねこ好きさん集まれ♪
飲みやすい明日葉入り青汁
美味しいお取り寄せ
貴方もチャレンジ!
すっごくお得!
安心サーバー
ネットショッピングなら
ルイボスティー
楽天でお買い物♪
本を買うなら
カメラを買うなら
簡単!便利♪